銀行系カードローンランキング

銀行系カードローンとは?わかりやすく解説します|カードローンランキングKR66

銀行系カードローンとは?わかりやすく解説します

銀行系のカードローンと言うと、銀行自体から融資されるものと思われがちですが、主に大手の消費者金融をはじめ、銀行のグループ企業となっているものを指します。
銀行系のカードローンの特長は限度額が高く、グループ内の銀行のATMが利用できる他、コンビニ・ネット返済の利便性に優れています。
審査のハードルは銀行と比べると低く、貸付条件においてもパート・アルバイトの方も可としています。

 

つまり、銀行のカードローンと比べると金利は高いものの、幅広い層を対象が利用でき、かつ利便性の良さと条件次第で高額な借り入れも可能なことも魅力です。
銀行系のカードローンの審査は自動与信システムで融資の可否と与信額を出し、審査結果の通知と共に在籍確認、契約・カード会員の登録と進みます。
銀行のカードローンの場合は保証会社の審査を受け、仮審査として結果を出している点にも違いがあります。

 

実は銀行のカードローンの保証会社となっているのも銀行系であり、グループ企業との連携で成り立っている面もあります。
仮審査を出しているのも銀行系の会社であり、保証契約を受けられることを条件にしていることでも違いがあります。
融資の実行にあたっても、銀行本体からではなく、金融会社から実施されます。
夫に毎月収入があれば専業主婦でも銀行系カードローンから融資を受けることが出来ます。
専業主婦だからといって審査基準が厳しくなるようなことはありません。

 

上限額は一般的な基準よりも小額ですが家計のやりくりが厳しいときにお金を借りることができるのは嬉しいですね。
審査結果を短期間で知ることができるので急な出費の際に利用する女性は多くなっています。
正社員と同じように在籍確認はありますが夫の会社に連絡がいくことはないので安心して利用できます。
保証人なし・担保不要で個人向けの貸付を主体に長年の実績を重ねてきたこともあり、即日融資のノウハウやシステムがある点も特長です。

 

どのカードローンも少なからず融資・資本提携の関係からつながりが強いのですが、その中でも銀行の子会社となっている金融会社を指し、特に知名度があるのが大手の消費者金融なのです。
ただ、消費者金融は専業主婦は利用することができないので注意しなければなりません。
審査申込をする前に消費者金融なのか銀行系なのか事前に確認しておきましょう。銀行のグループ名を挙げている点でも分かり、ほとんどの会社がネット契約を可能としています。

 

かつても大手の消費者金融として経営したきたのですが、貸金業法の改正とその後の過払い金の返還請求もあり、資本や経営体質の強化などを元に生き残りの策として銀行のグループ下に入った経緯もあります。
無利息サービスを設けている金融機関がありますので貸付金利を抑えることができます。
小額を借りている方は利息を払わず借りたお金を返済するだけでいいので、出費を抑えながら金融業者へお金を返したい方におすすめですよ。

 

 

インターネット申込可能なカードローンはココ


ホーム RSS購読 サイトマップ