カードローンのランキングで分かる限度額と年収の密接な関係

カードローンの限度額と年収の密接な関係|カードローンランキングKR66

カードローンの限度額と年収の密接な関係

お金が足りないときは大手の金融機関で借りるのがおすすめです。
クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りることも可能ですが、キャッシング業者よりも利率が高いので返済額の負担が大きくなってしまいます。
返済額を少しでも少なくしたいならカードローンを利用するほうがメリットが大きいですが、手続き前に毎月の返済金をシュミレーションしておくことを忘れてはいけません。
ネットから簡単にシュミレーションすることができますよ。
ATM情報も掲載されているので基本的に審査の際に提出する書類に収入証明書は必要ありません。
原則としてキャッシング会社が決めている金額よりも借りたい場合は提出の必要があります。

 

これは消費者金融の場合でも銀行系カードローンの場合でも同じです。
カードローンと年収と限度額には、密接な関係があります。
どのように関係があるかというと、自分の収入よって、カードローンの利用限度額が大きくなったり小さくなったりするということです。

 

年収が多ければそれだけ限度額も大きくなりますが、年収が少なければ限度額も小さくなります。
こういう意味で密接な関係があるといえます。
どこでカードローンを利用するかによっても変わります。
例えば銀行カードローンを利用する場合は、法律で定められた限度額の規制がないので、利用者は制限を気にせずに借りることができます。
総量規制により融資額が制限されているところもあります。

 

それは消費者金融などのノンバンクです。
ノンバンクは貸金業法で監督されていますが、その法律の中に総量規制というものがあり、この規制では借り手の年収の3分の1までしか融資してはならないと定められています。
消費者金融のカードローンを利用するときは一つ注意が必要です。

 

自分の収入がどのぐらいで、またどれぐらい借りたいのかを決めておく必要があるということです。
希望額が100万円だったとしても、年間の収入が300万円以上でないなら、借りることができません。
総量規制によって収入の3分の1と定められているからです。
消費者金融を利用するときはこの点を注意しましょう。
融資上限額を上げてもらう方法もあります。
これも覚えておくようにしましょう。

 

どうするかといえば、自分の収入を多くしたり、その他の属性を高めることです。
こうすればより返済能力の高い人間として認めてもらうことができ、信用力を高めることができるので、それまでより多く借りることができるようになります。
融資上限額のアップは、いったん契約した後でも可能です。
増額審査というものがあり、その審査に通過することで上限額を上げてもらえるようになります。

 

ただし、増額審査に通るためには自らの属性を高めておく必要があります。
また、増額以外に他社のカードローンに新たに申し込む方法もあります。
各カードローン会社の口コミを見て申し込み先を選びましょうね。

 

増額審査は結果が分かるまで時間がかかってしまいますが他の業者へ新規で申し込めば最短期間で審査結果を伝えてくれるのでとても便利です。
利息が少ない会社や無利息期間のあるキャッシング会社もありますからポイントとしてチェックしてみてください。

 

借入先が増えると管理しにくいという方は、他社のカードローンと一本化しましょう。
返済日をまとめることができるだけでなく年利を減らすことが出来るので負担を減らすことが出来ます。
借り換えのタイミングはよく検討しましょう。

 

 

インターネット申込可能なカードローンはココ


ホーム RSS購読 サイトマップ