カードローン返済滞納

カードローンの返済滞納ペナルティ|カードローンランキングKR66

カードローンの返済滞納ペナルティ

カードローンは収入があれば簡単に申込できますが、返済を滞納させると大変なことになります。
お金を返済できない状態になっても電話で消費者金融や銀行系の金融機関へ連絡をしておけば一定期間の猶予を与えてくれるケースもあります。
しかし返済金と利息が積み重なってしまうのでますます返済が困難な状態へ陥ってしまいます。
カードローン会社から貸付を受けると連帯保証人や担保の用意は必要ありませんが個人の返済能力が問われるため基本的には自分ひとりで対応しなければなりません。

 

一定の期間を過ぎると一括返済を行わなければならないこともありますが、お金がない状態ですべての借金を返済できる可能性は非常に少ないです。
そうなると金融機関が申込者本人にペナルティを与えることになります。
カードローンの返済には時効があると言われていますが一般的には活用されていないので注意が必要です。
ペナルティによってダメージを受けたり信用を落としたりすることがあるので、注意しなければなりません。
カードローンの返済を滞納した場合のペナルティには、段階的なものになります。
一度返済が遅れてもそれでいきなりペナルティが与えられるわけではなく、最初はハガキや電話による催促から始まります。

 

次いで督促状の送付となります。
それも無視すると次に取り立てが始まります。

 

その取り立てでも返済しない場合は、全額一括請求が行われます。
さらにそれでも返済がなされない場合は、法的処分として給料の差し押さえが行われます。
これは個人に下される法的処分ですから、利用者が逆らうことはできません。

 

これだけではありません。
他にも、滞納したことが個人信用情報機関に登録されてしまいます。

 

これもペナルティーの一つになりますが、登録されると他社からの借入ができなくなるなどの制約が出てきます。
所謂ブラックリストに入ってしまうのです。
ブラックリストになると借入をすることができないので、ならないように金利が低いカードローン会社で自分が返済できる金額のみを借りなければなりません。

 

またもちろん、信用情報機関に登録されると自分の信用を落としてしまうことにもなります。
カードローンについてはそのまま利用できるわけがなく、もちろん利用停止となります。
返済が遅れた分については、その日数に応じて遅延損害金を請求されることになります。

 

これもペナルティーの一つとなります。
さて、こうした厳しい状況に追い込まれるわけですから、借金を滞納させないようにすることは大切です。
万が一返済が遅れそうになったときでも、早めに対処することで最悪の事態を回避することができます。

 

例えば、返済期日を守れそうにないときは、利用してる会社に早めに連絡するようにしなければなりません。
こうしておけば相談に乗ってくれるなど柔軟に対応してもらえる場合があります。
また、返済の目処がついたときには、できるだけ早く返済することです。
そうすることで、例え少し遅れたとしても信用を落とさないようにすることができます。

 

このような対処の仕方を必ず覚えておいてください。
また、相談できておらず返済の目処もたたないという方は債務整理がおすすめです。
利用希望者は弁護士に相談しましょう。

 

 

インターネット申込可能なカードローンはココ


ホーム RSS購読 サイトマップ